オフィスに必要な電話機器

電話

借りた方がメリットが多い

オフィスは会社の前線基地のようなものです。事業運営を行うための司令塔の役割があります。全ての情報がオフィスに集まってきますので、それに対応できるオフィス機器が必要になります。その中で欠かせないのがビジネスホンです。一般の電話とビジネスホンが違うのは、複数の電話番号を1つの電話機で受けることができ、1つのシステムで複数の同時通話ができる点です。この機能によってオフィス事務の効率が格段に上がります。また複数の電話番号を内線で回すこともできます。多くの会社ではリースでビジネスホンを導入しています。そのメリットは初期投資が減らせること、リース代を経費で落とせること、故障した時にスピーディーに対応してくれることなどです。リースの費用は業者によっても違いますが、一般的に月に3万円前後となっています。リースの場合は契約期間が決められており、トータルの費用で考えると購入した方が安くなるケースもあります。しかしリースの場合は新製品が出た場合に最新型に交換できますし、定期的なメンテナンスをしてくれるので諸経費を含めたらリースの方が安くなり、しかも安心して使えます。長期的な視点に立てば、経費で落とせるのでビジネスホンはリースの方が有利です。最近は品質の良いビジネスホンの中古品がたくさん出回っており、新品の4分の1から5分の1程度の値段になっています。費用を節約するなら、中古をリースするという選択肢も考えられます。